Init Ding

f:id:ma_shi_7777777:20141203235659p:plain

最高に時間がかかってしまったアプリを、ようやくリリースすることができた。

本当に長かった、1年以上かかってしまった。結局満足いかない部分も多々あるのだが、そう言っているといつまでも終わらないため、とにかくリリースすることにした。今後もアップデートする予定がいくつもあるのでお楽しみに。長い間苦労を共にした友人らに心より感謝。

http://sakoku-houjin.com

https://itunes.apple.com/jp/app/justold-jiang-hu-hui-huano/id929126753?mt=8

何より手が込んでいる部分は画家・絵画の選定と収集。画家の説明文はメンバーのオリジナル。無駄に時間をかけたことをぜひ感じて欲しい。

Model 3, Step 2

f:id:ma_shi_7777777:20141120230943p:plain

今年もTechCrunchハッカソンに出場した。最近は諸事情により会社外のことで激務すぎて、ハッカソンの会場にたどり着くだけでやっとだった。

作ったものは、提供されたお題APIの中の言語ネガポジ分析を使った、テンスウリズムの自動点数入力版のようなアプリ。おまけにかかってくる電話に音声を吹き込むだけで日記がつけられるすぐれもの。

結果的にいいものを作れたとは思ったのだけれど、審査員には受けず敗退。残念。

f:id:ma_shi_7777777:20141123014150p:plain

--

一緒に参加した超絶に優秀なメンバーのブログはこちら。

&&&&&

f:id:ma_shi_7777777:20141026222958p:plain

相当モヤモヤを抱える数ヶ月だった。働き始めて数ヶ月、「?」と思うことがどんどん出てき始めた。もう長くないかもしれない。僕を必要としてくれている場所に移ることを考え始めた。

良くも悪くも、今まで様々な経験をしすぎて、企業で働くには自分の信念が足枷になる。美しいものを作ることが許されない環境はあまりにも辛すぎる。強制されるものが多すぎて、心が折れそうになる。

_snd

f:id:ma_shi_7777777:20140726200052p:plain

企業デザイナー(インハウス)というのは 良くも悪くも本当にサラリーマンに近い。一般の人が想像するようなデザイン事務所で働くデザイナー像とは全く異なる。会社は限りなくホワイトで有給休暇もとりやすく、仕事では扱うものの規模が大きくやりがいもあり、想像以上に楽しく働けている。抱いていた企業というもののハードルが異様に低かったからかもしれない。とにかく、こういう世界があることを知ることができて良かった。スタートアップと大企業と、2つの世界を見た上で、今後どうやって生きていくか考えられる自分の人生が楽しい。

会社員になっても知見を狭めたくないという思いのひとつとして、今まで通りに年間100枚は新しいミュージックアルバムを聞くつもりでいる。1アルバムが大体60分で、あまり好みでなかったとしても5回は通して聞いてみたいので60*5=50時間。それが100枚で50*100=500時間。こうして考えてみると今まで相当の日数を音楽を聞いて過ごしてきたんだとしみじみ思う(お金もいくら使ってきたんだか...計算したくない)。ちなみに今年追加した曲の中で一番再生回数が多いのはキリンジの「雨を見くびるな [Nobukazu Takemura Remix]」の126回。アルバムではShing02の「Luv(sic)」のpart1〜6を繋げたもので60回程度。500時間はゆうに超えそうだ。

♬_snd - MICROSTORIA